テリー・ギリアム監督が念願の「ドン・キホーテを殺した男」を映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月8日 > テリー・ギリアム監督が念願の「ドン・キホーテを殺した男」を映画化!
メニュー

テリー・ギリアム監督が念願の「ドン・キホーテを殺した男」を映画化!

2008年1月8日 12:00

Mr.デップは、 本当にやって来る?「ロスト・イン・ラ・マンチャ」

Mr.デップは、
本当にやって来る?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テリー・ギリアム監督が、セルバンテスの古典的小説「ドン・キホーテ」をモチーフにスペインでファンタジー映画「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」を製作開始したのは00年9月のことだった。ヨーロッパ資本を投入した同作は、ヨーロッパ映画としてかつてないスケールの超大作となり、ジョニー・デップバネッサ・パラディをキャストするが、キホーテ役のジャン・ロシュフォールが病気で降板するなど災難に巻き込まれ、わずか撮影6日目で、製作中断に巻き込まれてしまう。その顛末はドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」(01)に克明に描かれている。

しかし、今、ギリアム監督はこのプロジェクトに再挑戦すると息巻いている。英映画雑誌エンパイアに、プロデューサーのジェレミー・トーマスが出演者たちと再契約を進めていると告白した。「彼(トーマス)が契約まわりを全部片づけたら、それから私がMr.デップを呼ぶだけだ」

「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作がひとまず済んだデップは、米脚本家組合ストライキのあおりを受けて、「ラム・ダイアリー(The Rum Diary)」「シャンタラム(Shantaram)」の2作品が製作延期になるなど、この「ドン・キホーテ」に出演するスケジュールは十分空いているという。また、前回製作するために用意した脚本もある。ギリアム監督はただ一人ロシュフォールだけは再演できないと語った。「肉体的に、彼は無理だ。それは本当に悲劇的なことだが、演じられない。(馬に乗る役なのに)彼のお尻は使い物にならないからね」

一方でギリアム監督は、ニール・ゲイマン(「スターダスト」「ベオウルフ/呪われし勇者」)とテリー・プラチェット(「ナイトメア・オブ・クリスマス」)が共同執筆した小説「グッド・オーメンズ(Good Omens)」を映画化するチャンスが到来しているという。「ニールと仕事が出来るとは幸せだよ」とエンパイア誌に語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi