ウィル・スミスが映画殿堂入り!親友トム・クルーズが祝福に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月14日 > ウィル・スミスが映画殿堂入り!親友トム・クルーズが祝福に
メニュー

ウィル・スミスが映画殿堂入り!親友トム・クルーズが祝福に

2007年12月14日 12:00

ベッカム夫妻を歓待した両家は 相変わらず仲良しなようで…「7月4日に生まれて」

ベッカム夫妻を歓待した両家は
相変わらず仲良しなようで…
Photo:Splash/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウィル・スミスが映画殿堂入りを果たし、12月10日、ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズシアターの前に手形と足形を残した。親友のトム・クルーズがウィルの祝福に駆けつけ、陽気に振る舞って会場を大いに盛り上げた。

トムはTV番組「エンターテインメント・トゥナイト」に対し、「彼(スミス)や彼の家族と知り合えたことは栄誉なことだよ。彼のそばにいると、僕は刺激を受けるんだ。僕たちはお互い相手を後押しするし、それを必要としている。僕らは現実的な責任を同じレベルでシェアしているし、いい作品やいい家族に恵まれている。彼といると、楽しいんだよ。ウィル・スミスはどこだろうと、その場を彼のパーティに変えてしまう」とベタボメ。スミスの音楽についても「彼はとてつもないアーティストだ。僕が『7月4日に生まれて』に出ていた時、彼の音楽に励まされたおかげで、撮影を終わらせることができた」と語っている。

今回、スミスの晴れの場には、息子のジェイデン(9)と娘のウィロー(7)が同席したが、妻のジェイダ・ピンケット=スミスは他の用事で駆けつけられなかったようだ。一方、その日、スミスの到着前に会場に姿を見せていたトムは、スミスの母親と娘のウィローのそばに立っていたが、座り場所が分からず、スミスの家族席にちゃっかり座っていた。

その後、仲良しコンビのトムとスミスは何やらヒソヒソ話。トムのほうからスミスに、一緒に映画を作ろうと話を持ちかけたようで、スミスは「トップシークレットだよ。いや、冗談だけど、トムから『僕らは一緒に映画を作るべきだ』と言われたんだ(笑)」と嬉しそうに明かした。

翌11日、所変わってニューヨークのマジソンスクエアガーデンにあるワム・シアターで、ウィル・スミス主演作「アイ・アム・レジェンド」(12月14日日米同時公開)のニューヨークプレミアが行われた。スミスとジェイダ・ピンケットの夫妻が出迎えるレッドカーペットには、サングラスをしたトム・クルーズの姿があった。ただ、トムの妻ケイティ・ホームズは欠席した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi