ゼタ=ジョーンズ、ロブ・マーシャル監督と喧嘩!「ナイン」降板か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月26日 > ゼタ=ジョーンズ、ロブ・マーシャル監督と喧嘩!「ナイン」降板か
メニュー

ゼタ=ジョーンズ、ロブ・マーシャル監督と喧嘩!「ナイン」降板か

2007年11月26日 12:00

納得できないものは できないのよ!「ナイン(1983)」

納得できないものは
できないのよ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャサリン・ゼタ=ジョーンズが、「シカゴ」でアカデミー助演女優賞をもたらしてくれたロブ・マーシャル監督と喧嘩して、同監督の新作ミュージカル「ナイン」を降板した、と米映画サイトHollywood.comが報じた。

ナイン」は、フェデリコ・フェリーニ監督の最高傑作「8 1/2」(63)をブロードウェイ・ミュージカル化した舞台劇の映画版。先日製作延期が発表されたが、実生活でも恋人関係にあるハビエル・バルデムペネロペ・クルスのほか、マリオン・コティアール(「エディット・ピアフ/愛の讃歌」)、ソフィア・ローレンの出演が決定していた。

同作で、主人公の映画監督グイド・コンティーニ(バルデム)の夢の中に登場するミューズ、クラウディアを演じるはずだったゼタ=ジョーンズは、セリフもほとんどないこの役の小ささに不満を抱いていたそうだ。

ニューヨーク・デイリー紙によると、「強い意志を持つ大女優は、このブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品に出演しない模様だ。理由はどうやらロブ・マーシャル監督が、役を膨らませてほしいという彼女の要求に応えなかったためらしい。マーシャルは脚本を劇的に改変することはできない、と彼女に丁寧に説明したそうだ」

ちなみに、クラウディア役をフェリーニ監督版で演じたのはイタリアの大女優クラウディア・カルディナーレボブ・フォッシー監督が自由に翻案したミュージカル「オール・ザット・ジャズ」(80)でも、当時セクシー女優として人気絶頂だったジェシカ・ラングが演じた重要な役でもある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi