話題のネイチャードキュメント「アース」が東京国際映画祭登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月22日 > 話題のネイチャードキュメント「アース」が東京国際映画祭登場
メニュー

話題のネイチャードキュメント「アース」が東京国際映画祭登場

2007年10月22日 12:00

温暖化の影響を体感しよう。 (左から)アリックス・ティドマーシュ・プロデューサー、 マーク・リンフィールド監督「アース」

温暖化の影響を体感しよう。
(左から)アリックス・ティドマーシュ・プロデューサー、
マーク・リンフィールド監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中で大ヒットした海洋ドキュメンタリー「ディープ・ブルー」や、驚異的な視聴率をたたき出した「プラネット・アース」シリーズのスタッフが再結集。ヨーロッパ各国でドキュメンタリー映画歴代興収を塗り替えつつある話題の独米合作のネイチャードキュメンタリー映画「アース」が、第20回東京国際映画祭2日目の10月21日、特別招待作品として上映された。

氷の大地から熱帯の森、そして深海に至るまで、野生動物と失われつつある地球の風景の想像を絶した奇跡的瞬間を、壮大なスケールで撮影したのがこの作品。上映前の舞台挨拶には、監督のひとりであるマーク・リンフィールドと、プロデューサーのアリックス・ティドマーシュが、ゾウとキリンのぬいぐるみを抱えて登場し、作品の見どころについて語った。

「(温暖化などの変化で)見られなくなるかもしれない、この地球の風景や動物をスクリーンに映し出したい」(リンフィールド監督)という想いをきっかけに、「ディープ・ブルー」のスタッフが再結集してスタートした本作は、「5年(2000日)の歳月を費やした、信念と野心あふれる作品になった」(ティドマーシュ)とのこと。1秒間に千コマ以上もの撮影が出来る防振装置を備えた超ハイスピードカメラでとらえたハイビジョン撮影について、リンフィールド監督は「“どう撮ったのか分からない”という驚異的映像を目指した。大スクリーンで見れば、必ず“その現場にいる”感覚が体感が出来るはず」と力を込めてアピールした。

なお、上映前には、日本での劇場公開版のナレーターを務める俳優・渡辺謙からのビデオレターが紹介され、会場を沸かせた。「吉野(奈良県)の桜を撮影したシーンもある」(リンフィールド監督)という「アース」は2008年1月、全国東宝洋画系ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi