織田裕二も大喜び?「キサラギ」大ヒット御礼ティーチイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月23日 > 織田裕二も大喜び?「キサラギ」大ヒット御礼ティーチイン
メニュー

織田裕二も大喜び?「キサラギ」大ヒット御礼ティーチイン

2007年7月23日 12:00

(左から)佐藤祐市監督、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅「キサラギ」

(左から)佐藤祐市監督、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月16日に公開された、小栗旬ユースケ・サンタマリア小出恵介塚地武雅香川照之によるワンシチュエーション・サスペンス「キサラギ」。全国25館での公開ながら(封切り当時は30館)、出演者の豪華共演と一度見ただけでは分からない巧妙な伏線にリピーターが続出し、観客動員数は15万人を突破、ロングラン上映も決定するなど単館系としては異例の大ヒットを記録している。これを記念し、7月22日、渋谷シネクイントにてユースケ・サンタマリア塚地武雅佐藤祐市監督による大ヒット御礼ティーチインが行われ、観客からの率直な質問にユースケらが答えた。

劇中で“オダ・ユージ”という役を演じたユースケは、“本家”織田裕二の反応を聞かれ、「脚本が届いた時には、僕の役名は“オダ・ユージ”になっていた。『踊る大捜査線』にも出ていた僕がやるなら角が立たないと思って引き受けることにしたけど、“了解は取ってるの?”とスタッフに聞いたら、“取ってない”と言うから、慌てて“何とか取ってくれ!”とお願いした。織田さんとは電話しても音信不通で会ってないけど、意外とすんなりOKが出たと聞いているし、きっと喜んでくれているんじゃないかな」と裏話を語り、佐藤監督から「織田さんと会ったら、どこかで反応を教えて?」と頼まれていた。

一方、塚地は「相方の鈴木(拓)の反応は?」との質問に、「(映画は)面白かったみたいで、“俺が出演した方が面白かったのに”と悔しがっていた。撮影中は旅行に行っていたようですね」と語り、笑いを誘っていた。「キサラギ」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi