台湾の映画監督エドワード・ヤン、ガンのため逝去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月2日 > 台湾の映画監督エドワード・ヤン、ガンのため逝去
メニュー

台湾の映画監督エドワード・ヤン、ガンのため逝去

2007年7月2日 12:00

[映画.com ニュース] 00年の「ヤンヤン/夏の想い出」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞した台湾の映画監督エドワード・ヤン(楊徳昌)が、6月29日、米カリフォルニア州ビバーリーヒルズの自宅で亡くなった。59歳だった。死因は大腸ガンによる合併症。7年間、ガンとの闘病生活を送っていた。

47年11月6日に上海で生まれたヤン氏は、2歳の時に家族と共に台湾へ移住。台湾交通大学とフロリダ大学でエンジニアリングを専攻、のちに映画製作に興味を持ち、南カリフォルニア大学映画学科で映画を学んだが中退し、しばらくアメリカで電気技師として働いていた。やがて台湾に戻って映画脚本家となり、82年のオムニバス映画「光陰的故事」(未公開)の1編を手掛けて映画監督デビュー。以後、89年の「恐怖分子」、91年「[牛古]嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」、94年の「エドワード・ヤンの恋愛時代」、96年の「カップルズ」を監督。一作ごとに、台湾の首都・台北が経済都市として発展し変貌していくさまをとらえながら、先鋭的な映像表現を模索。ロングショットによる長回しなどに定評があった。事実上の遺作となった「ヤンヤン/夏の想い出」ではカンヌ映画祭監督賞の他、ニューヨーク批評家協会外国語映画賞を受賞。同年、アン・リー監督の台湾映画「グリーン・デスティニー」があったため、米アカデミー外国語映画賞にノミネートされなかったのが惜しまれる。映画の未来を担うべきアジア映画の巨星が逝った。

「[牛古]嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」「カップルズ」に主演した台湾のスター、チェン・チェンは7月1日、「彼は私の演技に霊感を与えてくれる先生で、僕が最も尊敬していた映画監督の1人だった」と、Sina.comに追悼コメントを寄せている。

なお、ヤン監督は闘病のさなかも、ジャッキー・チェンが共同プロデュースしたアニメーション「The Wind」を製作中だったと伝えられている。ジャッキーをモデルにしたようなカンフーの達人の青年を主人公にした物語だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi