「ルワンダの涙」虐殺生存者に聞くルワンダの現状 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月26日 > 「ルワンダの涙」虐殺生存者に聞くルワンダの現状
メニュー

「ルワンダの涙」虐殺生存者に聞くルワンダの現状

2007年1月26日 12:00

(左から)ジャン=ピエール・カザフツ氏、ジェームス・M・スミス氏、 ベアタ・ウワザニンカさん「ルワンダの涙」

(左から)ジャン=ピエール・カザフツ氏、ジェームス・M・スミス氏、
ベアタ・ウワザニンカさん
[拡大画像]

アフリカ・ルワンダ共和国で起こった大虐殺の真実を描く「ルワンダの涙」。虐殺の生存者で輸送班主任として本作に参加したジャン=ピエール・カザフツ氏、イギリス人ジャーナリストのジェームス・M・スミス氏、虐殺の生存者でスミス氏の妻のベアタ・ウワザニンカさんに、ルワンダ情勢について話を聞いた。

94年4月6日、フツ族出身の大統領を乗せた飛行機が何者かに撃墜されると、国民の大多数を占めるフツ族によるツチ族大量虐殺が始まった――。映画は、虐殺の悲劇と混乱を白人青年の視点で描いているが、ルワンダ国内での観客の反応をカザフツ氏に聞くと、「反応はまちまちです。私たちツチ族は、虐殺時は隠れていて何が起きていたのか知らない人も多かったので、映画で初めて虐殺を目の当たりにしてショックを受けていました。逆に『こんな甘いものじゃなかった』と思った人もいたようです」と語る。同じくツチ族のベアタさんは「フツ族の中には罪悪感を感じていない人もいます。去年だけで55人のツチ族がまた殺されてるんです」と現在も続くツチ族迫害の実態を話す。

また、自身が運営する“イージス・トラスト”で精力的に人道支援を行っているスミス氏は、「日本人にもできることはあります。映画を見たらブログに感想を書いたり、新聞に投書してください。政治家たちはそういった声を拾い上げていくはずです」と呼びかけた。「ルワンダの涙」は1月27日ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ルワンダの涙[DVD] ルワンダの涙[DVD]最安値: ¥3,201
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi