京極堂シリーズの映画化第2弾「魍魎の匣」、昔の東京を求めて上海へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月9日 > 京極堂シリーズの映画化第2弾「魍魎の匣」、昔の東京を求めて上海へ
メニュー

京極堂シリーズの映画化第2弾「魍魎の匣」、昔の東京を求めて上海へ

2007年1月9日 12:00

劇中の衣裳で登場した出演者たち (左から)阿部寛、黒木瞳、堤真一、田中麗奈、椎名桔平

劇中の衣裳で登場した出演者たち
(左から)阿部寛、黒木瞳、堤真一、田中麗奈、椎名桔平
[拡大画像]

人気ミステリー作家、京極夏彦のベストセラー小説“京極堂シリーズ”の映画化第2弾となる「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」の製作発表記者会見が1月7日に東京・調布の日活撮影所で行われ、原作者の京極夏彦原田眞人監督以下、主演の堤真一阿部寛椎名桔平田中麗奈黒木瞳が登壇した。

本作は05年に故・実相寺昭雄監督によって製作された「姑獲鳥(うぶめ)の夏」の続編で、昭和27年の東京を舞台に連続バラバラ殺人事件、カルト教団の暗躍、元スター女優の娘の失踪などが「匣」を巡って複雑に絡み合いながら展開するシリーズ中屈指の人気作。再び京極堂・中禅寺秋彦を演じることになった堤は「監督が変わって、キャストも変わり、全くの新作のようないい緊張感を持って撮影しています。同じ役ながら、前作とはかなりキャラクターが違います」と挨拶。そして、実相寺監督からメガホンを受け継いだ「金融腐食列島 呪縛」「突入せよ!『あさま山荘』事件」などで知られる原田監督は「今回は、京極ワールドのキャラクターの面白さと、言葉の楽しさ・美しさ、そして時代背景である昭和27年の東京という空間のパズルの組み合わせを行っております。これから昭和27年の東京という空間を求めて上海まで撮影に行くのですが、上海での撮影が上手く行けば素晴らしい映画になると思っています」と抱負を語った。昨年12月より撮影中の本作は、1月31日の上海ロケでクランクアップ。5月に完成し、07年公開予定となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi