カリスマDJの挫折と再生「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月22日 > カリスマDJの挫折と再生「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」
メニュー

カリスマDJの挫折と再生「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」

2006年12月22日 12:00

「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」 マイケル・ドース監督「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」

「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」
マイケル・ドース監督
[拡大画像]

夜ごと人気DJが集まってクラブイベントが開催されるスペイン・イビサ島。この地を舞台に、聴力を失う悲劇に見舞われたカリスマDJの挫折と再生を描くフェイクドキュメンタリー「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」が、まもなく公開される。監督を務めるマイケル・ドースに話を聞いた。

脚本も兼任する監督は、第3稿で主人公を“難聴のDJ”という設定にしたそうだ。その理由を尋ねると、「作品をもっと面白くするために、主人公を一番最悪な状況に追い込んだんだ。フランキーは聴覚を使う才能に優れていたから、人気DJの地位を獲得した。でもその才能を使いすぎたために聴覚を失ってしまうんだ。このパラドックスこそ僕が描きたかったテーマさ」と、主人公フランキー・ワイルドの誕生秘話を話してくれた。

主人公は架空の人物だが、映画では現在のクラブシーンをリードする人気DJが多数出演し、それぞれがフランキーについて語っている。この“フェイクドキュメンタリー”という手法で撮影したのはなぜなのか。「いわゆる伝記映画っていうジャンルは、すでにやり尽くされてると感じたんだ。それに主人公を伝説的な男にしたかったから、説得力のある人たちに語ってもらうことにした」と語る。最後に私たちにむけてメッセージをくれた。「フランキーの立場に共感できる映画。サウンドにも力を入れてるので、それも楽しんでほしい」

フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」は、12月23日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi