安田大サーカスが声優に挑戦!「劇場版BLEACH」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月5日 > 安田大サーカスが声優に挑戦!「劇場版BLEACH」
メニュー

安田大サーカスが声優に挑戦!「劇場版BLEACH」

2006年12月5日 12:00

「劇場版BLEACH/MEMORIES OF NOBODY」 (左から)安田大サーカス、森下千里「BLEACH」

「劇場版BLEACH/MEMORIES OF NOBODY」
(左から)安田大サーカス、森下千里
[拡大画像]

「週刊少年ジャンプ」で大人気連載中のほか、TVアニメも好評な「BLEACH」が、「劇場版BLEACH/MEMORIES OF NOBODY」として映画化された。これを記念して、12月3日、東京・虎ノ門にあるニッショーホールにて完成披露試写会が行われ、阿部記之監督、原作者の久保帯人、主人公・黒崎一護役の森田成一、朽木ルキア役の折笠富美子、ゲスト声優に挑戦した安田大サーカス森下千里による舞台挨拶が行われた。

本作は、死神の力を持った黒崎一護が「虚」(ホロウ)と呼ばれる悪霊を朽木ルキアと共に退治する姿を描いた人気コミック。原作者の久保は、「普段は家に閉じこもって漫画を書いているため、自分の漫画が人気があるのか分からなかったが、今日はこれだけの方が見に来てくださって、嬉しく思う」と緊張気味にコメント。また、本人役での出演となった安田大サーカスの団長は「緊張して(アフレコの)前の晩は眠れなかったが、いざやってみたらのびのびとできた。今は、(ドクターストップのため)ヒロくんの一気飲みができないが、映画では解禁となっているので見てほしい」と持ちネタを交えて笑いを取っていた。また、声優初挑戦の森下は、大の原作ファンとのことで「絵がきれい。世界観があり、みんな格好いい。洋服も素敵で、女の子が好きな要素がたくさんある」とその魅力を語った。

さらに会場では、主題歌「千の夜をこえて」を歌うAqua Timezによるシークレットライブも行われ、大いに盛り上がった。主人公役の森田は「実はアフレコのときに曲を聞いて、涙してしまった。すぐにiPodに入れてずっと聞いている。今も舞台袖で一緒に歌っていた」そうだ。12月16日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi