ジブリ最新作「ゲド戦記」、宮崎父子は絶交状態? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年6月6日 > ジブリ最新作「ゲド戦記」、宮崎父子は絶交状態?
メニュー

ジブリ最新作「ゲド戦記」、宮崎父子は絶交状態?

2006年6月6日 12:00

(左から)手嶌葵、宮崎吾朗監督「ゲド戦記」

(左から)手嶌葵、宮崎吾朗監督
[拡大画像]

指輪物語」「ナルニア国物語」と並び称される、傑作ファンタジー小説をスタジオジブリが映画化した「ゲド戦記」。この挿入歌「テルーの唄」発売を記念して6月5日、挿入歌を歌う手嶌葵宮崎吾朗監督、鈴木敏夫プロデューサーによるCD発売記者会見がタワーレコード渋谷店にて行われた。

挿入歌、及びテルー役の声を担当する18歳の新人、手嶌葵について、鈴木Pは「彼女のデモテープに入っていた、ベット・ミドラーの『ローズ』を聴いてガーン!ときた」と語り、宮崎監督も「この声に出会えて良かった。彼女の歌声を聴きながら、テルーというキャラクターが出来上がった」と、すっかり惚れ込んだ様子。これに対して手嶌は「昔からジブリ作品が好きだったので、とても嬉しかった。監督の書いた詞がとても力強く、感じたままを素直に歌った」と緊張しながらコメントした。

本作が初監督作品となる宮崎吾朗監督だが、父・宮崎駿監督は当初より猛反対だったようで「“ちょっと顔を出せ”とアトリエに呼び出されてそこから怒鳴り合いのケンカになり、以来、口をきいていません(笑)」とのこと。それでも覚悟を決めた理由について「随分悩んだけれど、10代の頃から読んでいるこの『ゲド戦記』という作品を、自分なりに描きたいと思った。経験はないにしてもなんとかなるだろう、作りたいという気持ちが勝った」と、偉大な父を持つプレッシャーに立ち向かった胸の内を語った。

「監督、かっこいいですね」と司会に声をかけられると「父に似てないと言われるのがとても嬉しいです(笑)」とのこと。「ゲド戦記」は7月29日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi