「こころの湯」の監督が描く、北京の街並みと親子の軌跡 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年4月25日 > 「こころの湯」の監督が描く、北京の街並みと親子の軌跡
メニュー

「こころの湯」の監督が描く、北京の街並みと親子の軌跡

2006年4月25日 12:00

チャン・ヤン監督とチャン・ファン君「こころの湯」

チャン・ヤン監督とチャン・ファン君
[拡大画像]

こころの湯」で世界中を感動させた中国の実力派チャン・ヤン監督が、新作「胡同のひまわり」のPRで来日。4月25日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて、主人公の少年時代を演じたチャン・ファン君とともに会見を行なった。

急速に変化していく中国・北京で、昔ながらの佇まいを残す胡同(フートン)。この街の、ある父と子の姿を、76年からほぼ10年間隔で3つの時代背景とともに描いた今作。主人公シャンヤンは、チャン・ヤン監督と同い年で、監督自身18歳になるまで胡同に住んでいたという。「この作品は私の少年時代の視点から描いている。私が育った四合院という場所は、元々清朝時代は西太后のお付きの宦官が住んでいたところで、私が住んでいた頃には、建て増しを重ねて70世帯が住む長屋のような場所になっていた」のだそうだ。また、主人公の少年時代を演じたチャン・ファン君は「友達と屋根に登って、お父さんが帰ってきたところにパチンコ玉をぶつけるシーンが楽しかった」と12歳の少年らしいコメントで撮影を振り返った。

中国文化大革命や北京の街並みなど、この作品の時代背景は今の日本の若者にはあまり縁がない。しかし核となるテーマ“父と子”の関係は、どの国でもどんな環境でも存在するもの。チャン・ヤン監督は最後に「30年にわたる親子のわだかまりを、自分の家族に当てはめて見てほしい。そして苦しみや葛藤を感じ取ってもらいたい」とメッセージを送った。初夏、Bunkamuraル・シネマにて公開。

こころの湯[DVD] こころの湯[DVD] 最安価格: ¥4,104 北京の下町にある銭湯を舞台に、親子の絆や人と人の心の触れ合いを描いた作品。出演はチュウ・シュイ、プー・ツンシンほか。監督は「スパイシー・ラブスープ」のチャン・ヤン。
胡同のひまわり[DVD] 胡同のひまわり[DVD] 最安価格: ¥2,052 オリンピック開催を控え、近代化のために消えていく北京の伝統的な街並み“胡同”を舞台に、そこで生きる画家親子の愛と葛藤の感動作品。監督:チャン・ヤン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi