ディズニー、ピクサーを買収 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月31日 > ディズニー、ピクサーを買収
メニュー

ディズニー、ピクサーを買収

2006年1月31日 12:00

かねてからの噂通り、ディズニーがピクサー・アニメーション・スタジオを買収することが正式発表された。ディズニーは74億ドル相当の株式交換でピクサーを買収し、ピクサーのCEOであり、アップル・コンピューターのCEOでもあるスティーブ・ジョブズがディズニーの取締役に就任する。両社は95年公開の「トイ・ストーリー」からパートナー関係にあったが、今年夏公開の「カーズ」(ジョン・ラセター監督)で現行の配給契約が切れることから、新たな配給契約をめぐり、長期にわたって交渉を続けてきた。

交渉は一時は暗礁に乗り上げ、ピクサーが他のスタジオと提携する動きを見せたが、ディズニー王国を長年支配してきたマイケル・アイズナーCEOが退陣したころから、両社の関係が改善。アニメーション部門の凋落に危機感を募らせるディズニーのロバート・アイガーCEOが、質の高いアニメーションを連発するピクサーの人材を吸収することが得策と考え、今回の買収に踏み切った。

この買収を受け、ピクサーのエド・キャットムル社長がディズニー・アニメーション・スタジオの新社長を兼ね、また、ピクサーのエクゼクティブ・バイス・プレジデントとしてクリエイティブ部門を統括しているジョン・ラセター監督がチーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてディズニー・アニメーションのすべての企画を指導する。さらに、ラセターはウォルト・ディズニー・イマジニアリングのクリエイティブ・アドバイザーとしてディズニーランドのテーマパーク設計にも関わることになる。

今回の買収に関して、ディズニーのアイガーCEOは「私はディズニーに栄光を取り戻したい。これがもっとも手っ取り早い方法だった」とニューヨーク・タイムズ紙に語っている。ディズニーの新取締役となり、最大の個人株主となるスティーブ・ジョブズは「ようやく、会社も株主も異なっていた2社が、障壁なしに協調できる体制が整った」と声明を発表。「革新的な物語やキャラクター、映画を作り、世界何百万人もの人々を楽しませるという本来の目的に、ようやく集中できる」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi