スピルバーグの最新作、ようやくタイトルが決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月2日 > スピルバーグの最新作、ようやくタイトルが決定
メニュー

スピルバーグの最新作、ようやくタイトルが決定

2005年8月2日 12:00

オスカー狙いの入魂の一作

オスカー狙いの入魂の一作
[拡大画像]

タイトル未定のままクランクインしていたスティーブン・スピルバーグ監督のミュンヘン五輪映画のタイトルがようやく発表された。一時は、「復讐」を意味する「ベンジェンス」と噂されていたが、そのものずばり「Munich(ミュンヘン)」に決定した。

72年9月5日、ミュンヘン五輪で起きたイスラエル選手団殺害事件のあと、イスラエルの特殊部隊モサドが、殺害に関与した11名のパレスチナ人ゲリラを追うというストーリー。モサドのリーダー役をエリック・バナが演じる。共演は、ダニエル・クレイグジェフリー・ラッシュマチュー・カソビッツら。脚本は、「エンジェルズ・イン・アメリカ」でピュリッツァー賞を受賞したトニー・クシュナーが担当。全米公開は12月23日、日本公開は06年早春の予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi