小学生記者に草なぎタジタジ。「ロボッツ」プレミア試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年7月26日 > 小学生記者に草なぎタジタジ。「ロボッツ」プレミア試写会
メニュー

小学生記者に草なぎタジタジ。「ロボッツ」プレミア試写会

2005年7月26日 12:00

小学生に鋭く突っ込まれてしまった面々 (左より)矢田亜希子、小池百合子環境大臣、西田敏行「ロボッツ」

小学生に鋭く突っ込まれてしまった面々
(左より)矢田亜希子、小池百合子環境大臣、西田敏行
[拡大画像]

7月30日公開「ロボッツ」のプレミア試写会が、20日、国連大学本部ビル(東京・神宮前)にて行われ、吹き替え版で声優を務めた草なぎ剛矢田亜希子西田敏行の3名に加え、小池百合子環境大臣も参加し舞台挨拶を行った。

当日は国連を代表して小学生記者2名が招待され、ゲスト達に「子供の頃の夢は何でしたか?」と質問。それに対し3人は「初めはプロレスラーでした。次の年は野球選手。そして最後はジャニーズに入ることでした」(草なぎ)、「幼稚園の先生に憧れていました」(矢田)、「私は立派なお相撲さんになることでした」(西田)とコメント。すると、質問した小学生記者は「皆さんの夢はありふれた夢ですね」とバッサリ。ゲストたちが苦笑する中、場内は笑いに包まれた。

その映画「ロボッツ」だが、公開初日には全国の上映劇場で先着1万5000名に“草なぎ・矢田”ポストカードが配られるとのこと。鑑賞予定の方はお早めに。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi