「黄泉がえり」スタッフ再結集!柴咲コウは不思議メッセージ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年6月21日 > 「黄泉がえり」スタッフ再結集!柴咲コウは不思議メッセージ
メニュー

「黄泉がえり」スタッフ再結集!柴咲コウは不思議メッセージ

2005年6月21日 12:00

「セカチュー」「いま、会い」を超えられるか?「黄泉がえり」

「セカチュー」「いま、会い」を超えられるか?
[拡大画像]

03年に公開され、現在の“泣ける映画”ブームの先駆けともなった「黄泉がえり」の梶尾真治(原作)と塩田明彦監督が、冬の門司を舞台に新作映画「この胸いっぱいの愛を」を製作することになった。これに先立ち、製作発表が6月20日、帝国ホテルにて行われた。

本作は梶尾による原作「クロノス・ジョウンターの伝説」を塩田監督が大胆に脚色したもので、“悔いのある時に戻って、もう一度その時間と向き合う”ことになった人々の姿を描いた物語。会見ではキャストや監督らに対し、「人生をやり直せるとしたら、何をやり直したいか」という質問が投げかけられたが、主演の伊藤英明やミムラをはじめ若いキャストたちは「過去があって今の自分があるので、今の自分で良いと思う」という欲のない返答だった。モテ男ぶりが週刊誌等でも話題の伊藤には、「やり直したい恋はありますか」といった質問が相次いだが、「逆にあなたはどうですか」と切り返していた。

また、会見中に、主題歌を歌う柴咲コウからのメッセージも披露。「私の場合、どうしても忘れられない悔いや不安は、夢で消化しています。私のわだかまりリセット法は“夢の中から思念波で”です」との不思議なメッセージに、取材陣も微妙な反応をするしかなかった。公開は10月8日予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi