哀しくも切ない男の実話「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年6月7日 > 哀しくも切ない男の実話「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」
メニュー

哀しくも切ない男の実話「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」

2005年6月7日 12:00

ニルス・ミュラー監督「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」

ニルス・ミュラー監督
[拡大画像]

9・11テロ事件から遡ること約30年前、民間機をハイジャックしてホワイトハウスに墜落させ、大統領暗殺を企てた男がいた――。仕事も家庭も失い、正しい者が報われない間違った社会の根源を国家に見出した男が、それを打倒して自らの存在を世に示そうとする物語が、「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」だ。

本作が初監督となるニルス・ミュラーは、実在の事件からヒントを得て、この物語を書き上げたが、資金やスタッフ集めに苦心した。しかし、そこへ大学時代の同級生であるアレクサンダー・ペインを筆頭に、アルフォンソ・キュアロンレオナルド・ディカプリオら高名な映画人が製作に加わり、企画が進んでいった。主演は、昨年のアカデミー賞を受賞したショーン・ペンに決まった。「ペインを経由して、ショーン・ペンが脚本を読み、出演してくれることになったんだ」

さらに監督は続ける。「キュアロンは、いろいろと意見を出してくれた。脚本にも細かく付箋を貼ってアドバイスしてくれたし、カンヌやトロントの映画祭にも来てくれた。それだけ彼はこの映画を気に入ってくれたんだ。ディカプリオは、もし資金が足りない場合は、彼の製作会社から出してくれると約束してくれた。作品を観たときは『ショーン・ペンはまたすごい演技をしたね』と言っていたよ」

ディカプリオも舌を巻いたショーン・ペンの演技力が、サムという男の哀しみを多いに深め、映画にリアリティを与えているのは瞭然だ。「多くの脚本家が、ショーン・ペンが主演してくれたらいいなと思いながら書いているだろう。僕もそのひとりだが、実現するとは思いもしなかった。だから、彼の主演が決まったときはひたすら嬉しかったよ」

一流の映画人たちに支えられて完成した「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」は、6月11日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi