トム・ハンクス、8年ぶりの来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月2日 > トム・ハンクス、8年ぶりの来日
メニュー

トム・ハンクス、8年ぶりの来日

2004年11月2日 12:00

トム・ハンクス「ターミナル」

トム・ハンクス
[拡大画像]

第17回東京国際映画祭のクロージング作品「ターミナル」(スティーブン・スピルバーグ監督)の主演、トム・ハンクスが96年以来8年ぶりの来日。10月30日、東京・日比谷の帝国ホテルにて会見を行なった。

8年ぶりの来日とあって、会場には土曜日の朝という時間にもかかわらず、500人以上の報道陣が詰め掛けた。本作でのハンクスの役どころは祖国でクーデターが勃発したために、パスポートが失効となり空港に住まざるを得なくなった東欧出身の難民。初めて英語以外の言語を母国語に持つ役に挑戦したことについて、「当初はもっと喋れる役だったが、映画の構成上、主人公の英語の上達にしたがって、アメリカの本質(移民からアメリカ人になっていく)が浮かび上って来ると思い、あまり喋れないように変えてもらった」と映画監督的な意見を披露。だが、役者か監督かをどちらかひとつを選ぶとなると、「私は生まれながらの役者であるけど、映画監督という仕事はコミュニケーションが重要なので、その点で私は自信がないので役者だろう」と本音を語り、本作の監督のスピルバーグこそ、生まれながらの映画監督と持ち上げた。

今回は8年ぶりという実に久しぶりの日本での会見だったが、ハンクスは今月12日にも盟友ロバート・ゼメキス監督と3度コンビを組んだ「ポーラー・エクスプレス」の会見が控えている。今も日本のどこかにいるかも?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi