インターネット発の恋愛映画、またも韓国から : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月2日 > インターネット発の恋愛映画、またも韓国から
メニュー

インターネット発の恋愛映画、またも韓国から

2004年11月2日 12:00

(左より)キム・テギュン監督、チョ・ハンソン、 イ・チョンア、カン・ドンウォン「火山高」

(左より)キム・テギュン監督、チョ・ハンソン、
イ・チョンア、カン・ドンウォン
[拡大画像]

インターネットに連載された恋愛小説を映画化し、今年の東京国際映画祭のアジアの風部門に出品された韓国映画「オオカミの誘惑」の来日記者会見が、映画祭上映日の10月30日、六本木アカデミーヒルズで開かれた。会見にはキム・テギュン監督と、主演のカン・ドンウォンチョ・ハンソンイ・チョンアが出席した。

テギュン監督といえば、ワイヤーワークとVFXを駆使したアクション「火山高」を撮った監督だが、「『火山高』の次は中国でアクション大作を撮る予定が、SARSのせいで中止になってしまい、時間が空いたところにこの企画がきた。原作はネット特有の文体で途中までなじめなかったが、読み終えると純粋な愛を思い出し、映画にしたいと思った」と映画化の経緯を説明。「韓国では10代でも映画をよく観るので、この映画をきっかけに、日本のティーンエイジャーも映画を観てくれれば嬉しい」と語り、ヒロイン役のチョンアも「かわいい愛が描かれているので若い人たちに観てほしい」とアピールした。ネット発の映画ということで、第2の「猟奇的な彼女」になれるか? 来春、シネカノン有楽町ほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi