ワーナーが拒否した反戦ドキュメンタリー、新たな配給が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年9月28日 > ワーナーが拒否した反戦ドキュメンタリー、新たな配給が決定
メニュー

ワーナーが拒否した反戦ドキュメンタリー、新たな配給が決定

2004年9月28日 12:00

湾岸戦争を舞台にした「スリー・キングス」のデビッド・O・ラッセル監督が製作した反戦ドキュメンタリー、「Soldiers Pay」の配給会社が決定した。権利を獲得したのは、フォックス・ニュース・チャンネルの報道姿勢を批判したドキュメンタリー「OUTFOXED」などを配給しているシネマ・リブレ・スタジオ。現在公開中のイラク戦争についてのドキュメンタリー「Uncovered: The War in Iraq」と2本立てでリリースする予定だという。

「Soldiers Pay」は、もともと「スリー・キングス」の特別版DVDの発売を盛り上げるための劇場再公開にあわせて併映される予定だったが、内容が政治的すぎるとして、「スリー・キングス」の製作元であるワーナー・ブラザースが同作の配給を拒否。劇場公開はおろか、「スリー・キングス」特別版DVDへも収録されないことが決定していた。

「Soldiers Pay」は、10月19日に発売される「Uncovered: The War in Iraq」のDVDにも収録されることになるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi