フランケンハイマー往年の名SFがリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年1月6日 > フランケンハイマー往年の名SFがリメイク
メニュー

フランケンハイマー往年の名SFがリメイク

2004年1月6日 12:00

ターミネーター3」でメガホンを取ったジョナサン・モストウ監督が、ジョン・フランケンハイマー監督の66年の作品「セコンド/アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転身」のリメイクを手がけることになった。平凡な銀行員が、手術によって新たな人間に生まれ変わったことからトラブルに巻き込まれるというサスペンスで、オリジナルではロック・ハドソンが主役を演じていた。リメイク版の脚本は、モストウ監督自身が手がけるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi