フィンチャー監督が「ドッグタウン」を降板。その理由は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年8月19日 > フィンチャー監督が「ドッグタウン」を降板。その理由は?
メニュー

フィンチャー監督が「ドッグタウン」を降板。その理由は?

2003年8月19日 12:00

デビッド・フィンチャー監督が注目作「Lords of Dogtown」を降板した。70年代に新しいスタイルを生み出した実在のスケートボーダーたちをモデルにした作品で、フィンチャー監督はこの作品のために「ミッション・インポッシブル3」を断っていた。降板理由は、製作費の折り合いがつかなかったためのようだ。同作の脚本を執筆したロジャー・エイバリー(「パルプ・フィクション」「ルールズ・オブ・アトラクション」)は、こう説明する。「実はこの作品は『がんばれベアーズ』的な映画で、いつものフィンチャーのタイプじゃないんだ。たぶん彼もそこが気に入って、この企画に興味を持ってくれたんだと思んだけど、打ち合わせをしているうちに、どんどんスケールが大きくなってしまったんだよ。いままで誰も撮ったことのないようなやり方でスケボー・シーンを撮りたいって言い出して、巨大なセットやらVFXやらであっというまに予算が倍増した。で、スタジオ側が青ざめたってことなんだよ。俺としては、ぜひともフィンチャーに撮ってもらいたかったんだけどね」

「Lords of Dogtown」を降りたフィンチャー監督は、現在、ドリームワークス製作の「The Lookout」を検討しているという。「アウト・オブ・サイト」「マイノリティ・リポート」の脚本家スコット・フランクが執筆した作品で、記憶喪失の男が銀行強盗事件に巻き込まれるというサスペンス映画だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi