台湾の巨匠が小津作品へオマージュ。「珈琲時光」製作発表会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月29日 > 台湾の巨匠が小津作品へオマージュ。「珈琲時光」製作発表会見
メニュー

台湾の巨匠が小津作品へオマージュ。「珈琲時光」製作発表会見

2003年7月29日 12:00

(左より)ホウ・シャオシェン監督、一青窈、浅野忠信「東京物語」

(左より)ホウ・シャオシェン監督、一青窈、浅野忠信
[拡大画像]

東京物語」など数多くの名作を残した日本の名匠、小津安二郎監督の生誕100周年を記念し、台湾のホウ・シャオシェン監督によりオマージュ作品が製作されることになった。7月24日、帝国ホテル(東京・日比谷)にて会見が行われた。

この「珈琲時光(原題)」は、フリーライターの女性と古書店の2代目店主とのほのかな恋模様を、周囲の人々を交えた日常を通して淡々と綴っていく物語。独特のローアングルの手法を確立し、中流家庭の親子、家族の関係を描いてきた小津監督の世界観を踏襲したものとなる。20年以上日本と台湾を行き来しているホウ監督は、日本映画を監督することについて「小津監督は戦後の日本社会をきちんと観察した人。文化の土壌は違うが、今の日本の人々や生活を、自分の目を通して表現したい」と意欲を見せた。

主演は「もらい泣き」が大ヒットとなった歌手、一青窈。その独特の表現力がホウ監督の目に留まり、異例の抜擢で女優デビューを飾る。日本人と台湾人のハーフでもある彼女は「この作品を通して自分の中に流れるもう1つの血について見つめ直したい」と述べ、共演の浅野忠信は一青について「よく知らなかったが、俳優じゃない人が持つ独特の勘を信じている」と期待を語った。ちなみに2人とも小津作品は「未見」だそうで、ホウ監督の手腕が大いに試される事となりそうだ。

本作は8月2日にクランクイン、東京都内を中心に、北海道・夕張でも撮影が行なわれる。そして小津監督の生誕100年目を迎える今年12月12日にワールドプレミア上映を予定。04年の公開に先がけ、カンヌ国際映画祭への出品も計画中だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi