豪華キャストが実現「阿修羅のごとく」製作報告会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年5月20日 > 豪華キャストが実現「阿修羅のごとく」製作報告会見
メニュー

豪華キャストが実現「阿修羅のごとく」製作報告会見

2003年5月20日 12:00

(左より)深田恭子、深津絵里、黒木瞳、大竹しのぶ「阿修羅のごとく」

(左より)深田恭子、深津絵里、黒木瞳、大竹しのぶ
[拡大画像]

昭和を代表する希代の女性作家、向田邦子の「阿修羅のごとく」の映画化が決定し、去る5月15日に東宝スタジオ(東京・成城)にて製作報告会見が行われた。会見には物語の核となる4姉妹を演じる大竹しのぶ黒木瞳深津絵里深田恭子らのキャストと監督を務める「失楽園」「模倣犯」の森田芳光が出席し、それぞれの向田作品に対する思いを披露した。監督になる以前から向田作品に憧れていたという森田監督は、「やっと自分が撮れる立場となりました」と感慨深げ。「ドリームチームを率いる気分だが、豪華な食材を変な味付けをせず世に出したい」と抱負を語った。また、長女役の大竹しのぶは「向田さんが残してくれた大事なものを語り継いでいってもらうため、いい作品になるように頑張りたい」と決意を述べた。美女4人の共演もさることながら、仲代達矢八千草薫小林薫など脇を固める実力派キャストにも注目。東宝洋画系にて11月公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi