角川書店が大映を買収、映像事業拡大へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年7月23日 > 角川書店が大映を買収、映像事業拡大へ
メニュー

角川書店が大映を買収、映像事業拡大へ

2002年7月23日 12:00

角川書店は22日、徳間書店との間で、徳間の映画製作子会社である「大映」の全営業権を取得することで合意したと発表した。角川が取得するのは、大映が保有する映画、ビデオ製作、配給、東京・調布市のスタジオ運営などの全事業で、11月に角川が新設する映像関連子会社が事業を継承。大映の従業員の雇用も引き継ぐ。譲渡価格は数十億円とみられる。角川は、黒澤明監督の「羅生門」をはじめ、近年のヒット作「Shall we ダンス?」、平成「ガメラ」シリーズなど、大映の保有する約1600本の映像資産や製作ノウハウなどを活用して、映像事業の拡大を図る目論見だ。一方、徳間康快氏の死後、経営の建て直しを図っている徳間書店は、経営資源を主力の出版事業に集中させる方針。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi