相米慎二監督、死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年9月11日 > 相米慎二監督、死去
メニュー

相米慎二監督、死去

2001年9月11日 12:00

セーラー服と機関銃」「台風クラブ」などで知られる相米慎二監督が9日、肺がんのため入院先の病院で亡くなった。53歳だった。48年に盛岡で生まれた相米氏は、80年に「翔んだカップル」で監督デビュー。同作の主演だった薬師丸ひろ子を再び主演に撮った「セーラー服と機関銃」が大ヒットし、一躍有名監督になった。85年には、「台風クラブ」で第1回東京国際映画祭ヤング・シネマ大賞を、99年の「あ、春」では、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞している。今年の1月には、13本目の長編「風花」が公開されたが、これが遺作となった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi