ティム・バートンと猿軍団が日本襲来! ラストは何パターンあるの? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年7月17日 > ティム・バートンと猿軍団が日本襲来! ラストは何パターンあるの?
メニュー

ティム・バートンと猿軍団が日本襲来! ラストは何パターンあるの?

2001年7月17日 12:00

(左より)ティム・バートン監督、ティム・ロス、 エステラ・ウォーレン、ケリー・ヒロユキ・タガワ「PLANET OF THE APES 猿の惑星」

(左より)ティム・バートン監督、ティム・ロス、
エステラ・ウォーレン、ケリー・ヒロユキ・タガワ
[拡大画像]

超大作揃いの今年の夏休み映画にあって、フィギュア付前売券がバカ売れ、ペプシのボトルキャップ人気もヒート中のSF大作「PLANET OF THE APES/猿の惑星」。7月28日の公開を前に、ティム・バートン監督、ティム・ロスエステラ・ウォーレン、ケリー・ヒロユキ・タガワの4名が来日。7月17日、東京・帝国ホテルにて会見を行った。今回が本作の世界初の記者会見ということもあり、国内はもとよりアジア各国からもマスコミが多数詰めかけ、会場は500人を超える盛況となった。

会見の冒頭では、撮影に使用したゴリラのメイクでヒロユキ・タガワが登場。エイプ・スクール仕込みというリアルな仕草で会場を大いに沸かせた。「もし猿の惑星に人間として行ったら?」という質問に対して、ロスとエステラはそれぞれ、「僕は食糧になるだろう」「恥ずかしいけど役と同じで自由のために戦う」とさらりと回答したのに対し、ヒロユキ・タガワからは「私は東京生まれだがアメリカ南部で育ち、常に自分が場違いな感じを抱いて生きて来たから、猿の惑星にも適応できるのでは」と、マイノリティの悲哀を感じさせる発言も。そしてバートン監督は「僕は惑星にバナナ農園を作って大金持ちになるんだ!」と元気に答え、会場は笑いに包まれた。

ところで、未だにほとんど明らかにされていない映画のラストだが、噂の「数パターンのラストを撮影した」というのはどうやら嘘。「僕も『何パターンか撮った』という記事を読んだけど(笑)、実際は基本のラストは1つしかなく、パターンを少し変えたものを撮っただけ」とのことだ。果たして、自由の女神をしのぐ物体が現れるのか?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi