「パール・ハーバー」で損した人、得した人 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年6月12日 > 「パール・ハーバー」で損した人、得した人
メニュー

「パール・ハーバー」で損した人、得した人

2001年6月12日 12:00

パール・ハーバー」では予算の大部分が特殊効果に使われたため、俳優たちは通常より大幅に安いギャラで出演している。ベン・アフレックは普段の20分の1から30分の1と言われる25万ドル(約3000万円)、共演者のケイト・ベッキンセールは20万ドル(約2400万円)で出演した。が、映画がヒットしたおかげで、最終的に俳優が手にするギャラに大きな差が出そうだ。ベン・アフレックは映画の収益から何パーセントかを手にする契約を結んでいるので、トータルで数百万ドルを得ることになりそう。一方、ケイト・ベッキンセールはそのような契約を結んでいないので、20万ドルのまま。何やら「およげ!たいやきくん」を思い出させる話だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi