岡村隆史を震撼させた松雪泰子のパンチの真相 : LiLiCoのHappy eiga ダイニング

ホーム > コラム > LiLiCoのHappy eiga ダイニング > 岡村隆史を震撼させた松雪泰子のパンチの真相
メニュー

コラム:LiLiCoのHappy eiga ダイニング - 第5回

2010年4月12日更新

第5回:岡村隆史を震撼させた松雪泰子のパンチの真相
対談ゲスト:「てぃだかんかん/海とサンゴと小さな奇跡」岡村隆史&松雪泰子

TBS「王様のブランチ」の映画コメンテーターとして人気のLiLiCoが、旬の俳優・女優から映画に対する思い、プライベートな素顔に至るまでを多角的に展開する対談連載「LiLiCoのHappy eiga ダイニング」。第5回のゲストは、「てぃだかんかん/海とサンゴと小さな奇跡」に主演した「ナインティナイン」の岡村隆史松雪泰子。沖縄を舞台に、実在の人物を演じた2人に、撮影時の苦労話から子育て論に至るまでをLiLiCoが迫った。

笑いを封印 笑いを封印 [拡大画像]

同作は、世界で初めて養殖サンゴの移植・産卵に成功した沖縄県在住の金城浩二さんをモデルとした奇跡の10年間の実話を、「デトロイト・メタル・シティ」の李闘士男監督が映画化にこぎ着けた意欲作。金城健司という役名で描かれる主人公を岡村が演じ、献身的に支える妻の由莉に松雪が扮した。

LiLiCo(以下、リリコ):すごく優しい映画ですね。みんなのピュアな優しさにすごく癒されました。健司の「子どもたちにサンゴを見せたい」っていう思いが伝わってきましたし。お二人は、ご自分の子どもたちに何を見せたいですか?

岡村隆史(以下、岡村):この映画とは関係ないし規模が小さくて申し訳ないんですけど、自分が出演したバラエティ番組とかで面白かった部分だけをつないでDVDに編集したものを、物心ついたころに見せてあげたいなと。子どもがいないので考えたことなかったですけど、逆にこの作品に出演したことで考えないとあかんなと思いましたね。何を見せてあげて、何を残してあげるべきなのか。これからの宿題にさせてください。

リリコ:できたら今、答えて欲しいんですけど(笑)。

一同:爆笑

子育て論に一同感心 子育て論に一同感心 [拡大画像]

■結婚の予定は全然ないんですよ(岡村)

リリコ:私は、子どもはDSばかりやっているよりも、公園でブランコに乗って遊んだり、転んで口の中に砂が入ったり……っていう自然とたわむれる時間を大切にしてほしいなあ。

岡村:確かにそうですね。カブトムシやクワガタの取り方とか教えてやりたいですねえ。自分の子どもが「カブトムシが怖い」とか「よう触れない」とか言ったらぶっ飛ばしますけどね(笑)。

リリコ:全然予定はないんですか? 結婚したくないの?

岡村:ないんですよ、全然。子どもは欲しいですけど、まだそこまで気が回っていないというか、余裕がないんですよ。松雪さんはどうですか? お子さん、DS好きですもんね。

松雪:そうなんです。岡村さんにいっぱいプレゼントしてもらって、うちの息子は大喜びです。自然に触れることが少ないことは残念ですね。私自身が田舎育ちだったので。そういう時間を過ごすのってすごく大事じゃないですか。でも、息子に(映画のモデルになった)金城さんのHPを見せたら、どうやってサンゴが育つのかに興味をもってくれたので、夏休みの研究発表のテーマにしたんです。そうしたら学校のお友だちが「サンゴってこんな生き物だったんだ」って感動してくれたみたいで。こういうことって、すごく大事なことですよね。

>>次のページへ続く

[筆者紹介]

LiLiCo

LiLiCo(リリコ)。1970年11月16日、スウェーデン・ストックホルム生まれ。18歳で来日し、1989年に芸能界デビュー。2001年からTBS「王様のブランチ」に映画コメンテーターとしてレギュラー出演中。映画俳優へのインタビューをはじめ、「レイトン教授と永遠の歌姫」「シャーロットのおくりもの」などでの声優業、トークイベント、ナレーション、雑誌エッセイなど幅広く活躍している。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

バックナンバー:
LiLiCoのHappy eiga ダイニング

Jobnavi