映画ニュース

証人保護プログラムで“人生消去” J・デュアメル&B・ウィリス共演作予告公開

 
「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」ポスター
(C) 2011 GEORGIA FILM FUND FOUR, LLC

[映画.com ニュース] 「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメルと、ブルース・ウィリスが共演するサスペンスアクション「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」の予告編が、このほど公開された。

デビッド・バレット監督のメガホンで、人生を抹殺された青年が未来を取り戻すため立ち上がる姿を描く。消防士のジェレミーは、冷酷非情なギャングのボス・ヘイガンがかかわる殺人事件を目撃したことから、命を狙われるようになる。警察に保護されたジェレミーは、証人保護プログラムにより名前と住む場所を変えて身を隠すが、ヘイガンの執ような追手は恋人や友人にも迫る。

デュアメルが主人公の消防士ジェレミー、ウィリスがジェレミーを守る刑事セラ、ロザリオ・ドーソン(「アンストッパブル」)がジェレミーの恋人を演じる。ジュリアン・マクマホン、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンらが共演している。

殺人事件の証言をするため、証人保護プログラムにより別人として生活をはじめたジェレミー。しかし、あらゆる手を尽くして、ヘイガンはジェレミーを追い詰める。予告編は、愛する人を守りたい一心でヘイガンに立ち向かうことを決意したジェレミーが、保護プログラムで存在を消されたことを逆手にとり、復しゅう者へと変ぼうを遂げる様子をスリリングな映像で映し出す。

「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」は、2013年2月2日から全国で公開。

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。