「ラッカは静かに虐殺されている」監督、現地ジャーナリストとISの実態に肉薄「現実や恐怖や危険を伝える」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月13日 > 「ラッカは静かに虐殺されている」監督、現地ジャーナリストとISの実態に肉薄「現実や恐怖や危険を伝える」
メニュー

「ラッカは静かに虐殺されている」監督、現地ジャーナリストとISの実態に肉薄「現実や恐怖や危険を伝える」

2018年4月13日 14:00

マシュー・ハイネマン監督「ラッカは静かに虐殺されている」

マシュー・ハイネマン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]イスラム国(IS)が制圧し、5年間での死亡者が43万人にものぼる戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦に肉薄したドキュメンタリー「ラッカは静かに虐殺されている」が4月14日公開される。匿名の市民によって結成されたジャーナリスト集団「RBSS」(Raqqa is Being Slaughtered Silently=ラッカは静かに虐殺されている)によるSNSを駆使した発信力とISの実態についてマシュー・ハイネマン監督が語った。

――“RBSS”のメンバーとは、どのようにコンタクトを取ったのですか?

「前作の『カルテル・ランド』で旅をしていたころ、ISのことがニュースの一面を飾るようになってきて、この組織の記事をむさぼり読むようになりました。何が起きているかを理解しようとしたんです。理解するにつれ、私もひどく心をかき乱されましたがそれと同時に映画として撮ってみたいとも思ったんです。そうしているうちにニューヨーカー誌に掲載されたRBSSに関する記事に巡り合ったんです。彼らは自分たちの故郷ラッカを占領したISの非道を国際社会に告発するために組織されたグループです。これこそ自分が取り上げるべきことだと記事を読み思ったんです。すぐにジャーナリスト保護委員会(CPJ)を通じて、このグループにコンタクトを取り、約1週間後には撮影を始めました」

――RBSSは住んでいても常にISから命を脅かされていますが、監督自身の安全はどのように考えていましたか?

「あまり私自身のことは話したくないんです。というのも彼らの経験とは比較にはなりませんからね。『カルテル・ランド』の時は、確かに危険と隣り合わせでした。でも今回は危険の質が違います。彼らはアサド政権からの弾圧を受け、投獄されました。そして今度はISからの弾圧を受け、投獄されたんです。同僚や友人や家族も失いました。私がコンタクトを取った時、彼らは亡命を決断するか否かの緊迫した状況でした。彼らがシリアから国外へ亡命する時も、隠れ家から隠れ家へと逃亡する時も一緒だったため、ISが至るところにいるように感じていましたが、目撃したことは一度もありません。常に見えない恐怖と闘っているようでした」

――生々しい殺害状況が収録されている一方で、映像をぼかしている部分もあります。

「この映画の全てのコマ、全てのシーン、全てのコメントにおいて、幾度も編集室で議論を重ねた上での結果です。でも我々は、暴力から目をそらしたくなかった。最も重要なのは、ラッカの市民が日々感じている現実や恐怖や危険を作品を通して伝えることです。観客に彼らが感じている同じ恐怖や憎悪を感じてほしかったんです。それと同時に、見る人たちには映画館から逃げ出したり、テレビのスイッチを切ってほしくはなかったんです。しかしながら見てもらうためにはバランスが非常に大事なわけで、その結果として、ぼかした部分があります。我々がほどよいバランスで完成させることができたかどうかは、みなさんに判断してもらえばいいと思っています。

――映画を撮影中、RBSS のメンバーの安全を脅かすことが気がかりだったことはありませんか?

「常に我々は彼らの安全には細心の注意を払っていました。彼らがシリアから国外に出ても――トルコやヨーロッパにいる時も――、映画をご覧になれば分かるように、彼らは非常に危険な状態なんです。ですから彼らと連絡を取り合う時は、必ず暗号を使っていました。彼らはIS の脅威に常にさらされているんです。映画の中でも言っていますが、彼らはこれ以上ソーシャルメディア
の影に隠れていたくないと思ったんです。自分たちは実在する人間であり、ラッカの出身者だと世界に示したかったんです。オンライン上の匿名性を隠れ蓑にしていたくなかったんです。これは非常に勇気がいることです。我が身を危険に晒しかねないのに、影から出て自分たちが何者か公表するのは。彼らはそのリスクを背負い込むことを、敢えて選んだのです」

ラッカは静かに虐殺されている」は、4月14日から東京・アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi