山本舞香、中島健人×平祐奈の“結婚”に波乱を巻き起こす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月11日 > 山本舞香、中島健人×平祐奈の“結婚”に波乱を巻き起こす
メニュー

山本舞香、中島健人×平祐奈の“結婚”に波乱を巻き起こす

2017年9月11日 20:00

山本舞香が平祐奈とバトル!?「未成年だけどコドモじゃない」

山本舞香が平祐奈とバトル!?
(C)2017 「みせコド」製作委員会
(C)2012 水波風南/小学館
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の山本舞香が、水波風南氏による人気少女漫画を中島健人平祐奈知念侑李の共演で実写映画化する「未成年だけどコドモじゃない」に出演していることがわかった。中島演じる鶴木尚の元恋人・松井沙綾に扮しており、メガホンをとった英勉監督は「沙綾はとても難しい役柄です。山本さんがそれをさらりと、しかも魅力的に演じてくれました。若いのにすごいですな」と称賛している。

ヒロイン失格」「あさひなぐ」などで知られる英監督がメガホンをとった“マリッジピュアラブストーリー”。天真爛漫なお嬢様・折山香琳(平)が、16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは、なんと結婚。しかも親が決めた結婚相手は、初恋の相手であるモテ男の鶴木尚だった。だが、尚にとっては折山家の財産が目的の政略結婚だったため、香琳は“結婚したのに片思い”という状況に陥り、さらに香琳に思いを寄せる超セレブ・海老名五十鈴(知念)がその事実を知ってしまう。


画像2

[拡大画像]

英監督とは初タッグとなった山本は「初めてご一緒させて頂き、すごく明るい方なので現場もとてもいい雰囲気で、楽しく沙綾を演じることが出来ました」とニッコリ。撮影終盤からの参加となったようで「JR SKISKI」(2015年)のイメージキャラクターをともに務めた平の「笑顔で現場では癒されていました」と振り返っている。

山本演じる沙綾は、尚の元カノという香琳にとっては“最強の天敵”。「祐奈演じる香琳と対決をするので、そちらも楽しみにして下さい」と見どころを明かすと「作品自体は、ラブコメで、楽しく見られるので楽しみにしていてください!」とコメントを寄せている。

未成年だけどコドモじゃない」は、12月23日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi