嫉妬、酷評、侮蔑…凱旋帰国したノーベル賞作家の悲劇をユーモラスに描く「笑う故郷」予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月19日 > 嫉妬、酷評、侮蔑…凱旋帰国したノーベル賞作家の悲劇をユーモラスに描く「笑う故郷」予告
メニュー

嫉妬、酷評、侮蔑…凱旋帰国したノーベル賞作家の悲劇をユーモラスに描く「笑う故郷」予告

2017年7月19日 17:00

「笑う故郷」ポスター画像「笑う故郷」

「笑う故郷」ポスター画像
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 主演のオスカル・マルティネスが2016年のべネチア映画祭最優秀主演男優賞を受賞した、アルゼンチン映画「笑う故郷」の予告編が公開された。

ノーベル文学賞を受賞したスペイン在住の作家ダニエルは、故郷の田舎町からの招待を受けて、30年ぶりに、はるばるアルゼンチンに帰郷する。予告編では、国際的文化人の帰国で歓迎ムードかと思いきや、故郷の住人たちのダニエルに対する嫉妬、酷評、侮蔑が渦巻き、予期せぬ出来事に巻き込まれる作家の姿をユーモラスに切り取っている。

本作は、アルゼンチンで公開されると同時に反響を呼び、スペイン語圏で大ヒット。2016年の東京国際映画祭ワールドフォーカス部門では、「名誉市民」というタイトルで上映された。監督は、「ル・コルビュジエの家」のガストン・ドゥプラットマリアノ・コーン

笑う故郷」は9月16日から岩波ホールで公開。

(映画.com速報)
ル・コルビュジエの家[DVD] ル・コルビュジエの家[DVD] 最安価格: ¥3,547 シュールな笑いとアート満載のアルゼンチン映画!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi