トム・クルーズの瞳が4つに!?「ザ・マミー」スペクタクルシーン満載のスポット公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月14日 > トム・クルーズの瞳が4つに!?「ザ・マミー」スペクタクルシーン満載のスポット公開
メニュー

トム・クルーズの瞳が4つに!?「ザ・マミー」スペクタクルシーン満載のスポット公開

2017年6月14日 13:00

凶悪な王女に扮するのはソフィア・ブテラ「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」

凶悪な王女に扮するのはソフィア・ブテラ
(C)Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・クルーズ主演で、往年のホラー映画「ミイラ再生」をリブートする「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」の特別スポットが、公開された。

ユニバーサル・スタジオが往年のモンスター映画を連続リメイクする「ダーク・ユニバース」の第1弾となるアクションアドベンチャー。米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は、棺(ひつぎ)に封印されていた古代エジプトの王女アマネット(ソフィア・ブテラ)を目覚めさせてしまったことから、人類を襲うアマネットと対じすることになる。

映像では、飛行機事故に巻き込まれたにもかかわらず無傷で生還したニックが、「王女がパワーを取り戻すために必要」であったことから戦いに巻き込まれていくさまが描かれており、水中でアンデッドたちに追われるシーンや町が砂嵐に飲まれるシーンが収められている。映像の最後は、アマネットに「私の元に……」と呼び寄せられたニックの瞳が4つに変わっていく衝撃的な場面で幕を閉じる。ダーク・ユニバースをつなぐ秘密組織“プロディジウム”のリーダー、ヘンリー・ジキル博士(ラッセル・クロウ)も登場する。

クルーズは、「フランケンシュタイン、ドラキュラ、狼男、そしてミイラ、このジャンルの映画が大好きだった。僕を別の世界へと連れて行ってくれた。ユニバーサルのモンスターたちが映画界の先駆者なんだ。古きよきモンスターたちを復活させて現代のオーディエンスへ届けられるのは、この上なく幸せなことだよ。強烈で、冒険的で、最高の映画だ」とダーク・ユニバースに気合い十分の模様だ。

アレックス・カーツマン監督は「人間とモンスターの違いは、恐ろしい一線を越えるかどうかなんだ。我々か、彼らか、どっちがモンスターなのかと疑いたくなるときもある。過去から受け継がれてきたものをこの作品で守っていきたい」と語っている。

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」は、7月28日から全国公開。

(映画.com速報)
ミイラ再生[Blu-ray/ブルーレイ] ミイラ再生[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 「フランケンシュタイン(1931)」「魔の家(1932)」のボリス・カーロフが主演する映画で、名キャメラマンとして世界的に知られているカール・フロイントが監督昇進第一回作品として監督したもの。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi