ジャック・ブラック、「バス男」ジャレッド・ヘス監督と再タッグ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月28日 > ジャック・ブラック、「バス男」ジャレッド・ヘス監督と再タッグ!
メニュー

ジャック・ブラック、「バス男」ジャレッド・ヘス監督と再タッグ!

2015年5月28日 16:50

ジャック・ブラック、再び愛すべき変人に「ナチョ・リブレ 覆面の神様」

ジャック・ブラック、再び愛すべき変人に
Photo by Andrew H. Walker/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優のジャック・ブラックと「ナポレオン・ダイナマイト」(旧題:バス男)のジャレッド・ヘス監督が、新作コメディ「ミクロネーションズ(Micronations)」で再タッグを組むことが決定した。

ふたりのコラボレーションは、修道院を建て直すためにプロレスラーになったメキシコ人男性の実話を映画化した「ナチョ・リブレ 覆面の神様」(2006)以来。ヘス監督は、「ブラックと僕はもう一度タッグを組もうとプロジェクトを探していたが、『ミクロネーションズ』の素晴らしき世界こそ僕たちふたりが求めていたものだった」と語っている。

舞台となるのは、風変わりで夢想家な住民たちがそれぞれの家の裏庭を統治国家と宣言している世界。ブラックの演じる愛すべき変人は、バロリアという小さな国(人口12人)の防衛隊長にリクルートされ、隣国ウェイン・カントリーとの仰々しいバトルに巻き込まれていく。テレビシリーズ「New Girl ダサかわ女子と三銃士」の脚本家ロバート・スノウとクリスチャン・マガリャンエスが、脚本を執筆した。

ヘス監督がプロデューサーのブラント・アンダーセンとデイブ・ハンターとともに新設した製作会社バッファロー・フィルム・カンパニー、ブラックの製作会社エレクトリック・ダイナマイト、プロデューサーのデイモン・ロス(「ナチョ・リブレ 覆面の神様」)が製作を手がける。

ヘス監督の新作で、クリステン・ウィグザック・ガリフィアナキスが共演した「Masterminds(原題)」は8月7日に全米公開。一方のブラックは、大人になりきれないホラー作家を演じた子ども向けホラー「グースバンプス(原題)」が10月16日に全米公開されるほか、6月から新テレビドラマ「The Brink(原題)」の放送がスタートする。

ナチョ・リブレ 覆面の神様 スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ナチョ・リブレ 覆面の神様 スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 大ヒット作「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック主演で贈る笑いと感動のコメディ映画。
バス男[DVD] バス男[DVD] 最安価格: - 製作費わずか400万円ほどの超インディーズ作品ながら、全米で大ヒットを記録した脱力系学園コメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi