宮沢りえ「紙の月」初日に吉田大八監督から感涙のサプライズ「忘れられない日に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月15日 > 宮沢りえ「紙の月」初日に吉田大八監督から感涙のサプライズ「忘れられない日に」
メニュー

宮沢りえ「紙の月」初日に吉田大八監督から感涙のサプライズ「忘れられない日に」

2014年11月15日 14:40

涙をぬぐう宮沢りえ「紙の月」

涙をぬぐう宮沢りえ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優・宮沢りえの7年ぶりの主演映画「紙の月」が11月15日、全国260スクリーンで公開。宮沢は共演の池松荘亮、大島優子小林聡美吉田大八監督らと東京・丸の内ピカデリーで舞台挨拶。「やっとこの日を迎えられた興奮が、体中に漂っています」と喜びをかみしめた。

既に東京国際映画祭の最優秀女優賞、山路ふみ子映画賞の女優賞など今年の映画賞を席巻する勢いで、「人生が音楽であるならば、この作品との出合いは貴重で大切な1小節になりました」と感慨深げ。相手役を務めた池松も、「7年ぶりの映画で、今この場に立っているりえさんの心境は計り知れませんが、その思いを少しでも受け取って帰ってもらえればうれしい」と観客にアピールした。

そして吉田監督が、サプライズで宮沢にあてた手紙を朗読。宮沢は、「今はやめましょう。楽屋で」と必死で抵抗したが、読み上げられるにつれてその目からは大粒の涙がこぼれ始めた。

「この作品は途中でつぶれると思っていたが、宮沢さんがオファーを受けてくれた瞬間からみるみる形を成していった。自分のすべてを惜しみなくさらけ出して、現場を引っ張ってくれた。語りにくく言葉でまとめるのは難しい作品だが、宮沢さんは取材の時も真剣に用意した言葉ではなく、その場で感じた思いで答えていた。この仕事は何かをつかまえにいくもの。またいつか一緒に、もっと大きなものをつかまえる旅に出ましょう」

宮沢は何度も涙を手でぬぐい「ブスになっちゃった」と大照れ。それでも、吉田監督と歓喜の抱擁を交わし「こういうのを感無量って言うんですかねえ。本当に忘れられない日になりました」と感激を新たにしていた。

クヒオ大佐<廉価版>[DVD] クヒオ大佐<廉価版>[DVD] 最安価格: ¥1,134 「米軍特殊部隊のパイロット、父はカメハメハ大王の末裔、母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ」と、流暢な日本語で語る実在のサギ師をモデルに描いたラブコメディ!
腑抜けども、悲しみの愛をみせろ[DVD] 腑抜けども、悲しみの愛をみせろ[DVD] 最安価格: ¥3,175 一触即発の人間関係を赤裸々かつブラック・ユーモアに描いた痛快・壮絶エンターテイメント。出演は佐藤江梨子、佐津川愛美ほか。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi