ハリウッド映画における銃暴力描写が急増 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月15日 > ハリウッド映画における銃暴力描写が急増
メニュー

ハリウッド映画における銃暴力描写が急増

2013年11月15日 21:45

アクション映画には欠かせない小道具

アクション映画には欠かせない小道具
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカ映画で描かれる銃暴力シーンが急増していると、Deadlineが報じた。

全米小児科学会が発表したレポートによれば、2012年に劇場公開された作品のなかで、R指定作品よりも下のレイティングとなるPG-13指定映画のほうが、銃暴力が多いという。PG-13指定は、「13歳未満の子どもは保護者の厳重な注意が必要である」というレイティングで、入場制限はない。

ほとんどのアクション映画がこの指定に当てはまり、「ハリー・ポッター」シリーズの場合では、第4作と5作、それと前後半となった完結編の第7作がPG-13にあたる。レポートの共同執筆者は、過去20年間に、PG-13のヒット映画に含まれる銃暴力が3倍に増加していることから、「若者はこれらの映画で銃暴力にさらされた後、銃の獲得や使用に興味をもつはずだ」と推測している。

ブラックホーク・ダウン[Blu-ray/ブルーレイ] ブラックホーク・ダウン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジェリー・ブラッカイマー製作×リドリー・スコット監督がソマリア紛争の真実を描いた戦争アクション大作。
ダイ・ハード4.0<特別版>[Blu-ray/ブルーレイ] ダイ・ハード4.0<特別版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 ブルース・ウィリス主演の大ヒットアクション・ムービー『ダイ・ハード』シリーズの第4弾!

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi