「アイドリングNEO」に後藤郁が移籍 「アイドリング!!!」と同日発売対決 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月22日 > 「アイドリングNEO」に後藤郁が移籍 「アイドリング!!!」と同日発売対決
メニュー

「アイドリングNEO」に後藤郁が移籍 「アイドリング!!!」と同日発売対決

2013年9月22日 15:40

打倒アイドリング!!! 7人態勢でデビューするアイドリングNEO

打倒アイドリング!!!
7人態勢でデビューするアイドリングNEO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「アイドリング!!!」の後藤郁が、冠番組で誕生したばかりの新グループ「アイドリングNEO」に移籍することが決まった。後藤を加え7人組となった「アイドリングNEO」は、「アイドリング!!!」が21枚目のシングル「シャウト!!!」をリリースする11月13日に、デビューシングル「mero mero(メロメロ)」をリリース。同日発売で2つのグループが売り上げを競い、負けたグループには過酷な罰ゲームが課される。

2006年に結成された「アイドリング!!!」は、今年4月に新メンバーオーディション開催を告知。7月にお台場で行われた「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」で、同オーディションにより選ばれた31号・古橋舞悠、32号・関谷真由、33号・橋本瑠果、34号・佐藤麗奈、35号・佐藤ミケーラ倭子の5人が、新メンバーとして加入することが発表された。

これまでであれば、新メンバーはそのまま「アイドリング!!!」メンバーとして活動するはずだったが、その後、8月に冠番組「アイドリング!!!」内で、フジテレビ上層部の通達により5人は「アイドリング!!!」とは別の「アイドリングNEO」を結成することが決定。さらに、28号・伊藤祐奈も移籍し、6人編成で8月31日に味の素スタジアムで行われた「a-nation stadium fes.」で、デビュー曲「mero mero」をライブ初披露した。

そして今回、新たに後藤の移籍が決まり、7人組でのCDデビューが決定。姉貴分の「アイドリング!!!」と同日にCDを発売し、売り上げを競うことになった。「アイドリングNEO」では最年長となる後藤は、「アイドリング!!!に対しては下克上的なところもありますが、この7人だったら、アイドリング!!!に勝ちにいけると思いますので、よろしく願いいたします!」と気合十分の面持ちを浮かべる。

一方、「アイドリング!!!」16号の菊地亜美は、「新メンバーとはまだ日が浅いうちに、いきなり対決企画を聞いたので、正直ビックリしました」と驚きを隠せないが、それでも「新メンバーのみんなはすごくやる気にあふれているので不安になることもありますが、勝ちにいきたいと思います」と意気込む。そして、「アイドリング!!!」から移籍した伊藤、後藤に対して「人気メンバーである2人なので、NEOをしっかりまとめて本気で向かって来てほしいですね」と発破をかけた。

「アイドリングNEO」の音楽プロデュースは、「SPEED」の楽曲を手がけた伊秩弘将氏が担当。伊秩氏は「最近健康的なアイドルが多い中で、ローティーンからミドルティーンの女の子のリアルな気持ちや、10代のドキドキ感、内面の熱い思いみたいなものを代弁していくようなグループになってほしい」と期待を寄せている。

アイドリング!!!西へ!東へ!!ミステリィツアーング!!!2013[Blu-ray/ブルーレイ] アイドリング!!!西へ!東へ!!ミステリィツアーング!!!2013[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,264 謎に包まれたミステリィライブを収録!2度目となるZeppツアーは、各所に「ミステリィ」が散りばめられた絢爛豪華なステージ!
アイドリング!!!Season6 DVD BOX[DVD] アイドリング!!!Season6 DVD BOX[DVD] 最安価格: ¥19,489 CSで放送された「アイドリング!!!」DVD-BOX第6弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi