ウルヴァリンのパートナー・ユキオ初披露!トップモデル福島リラが存在感を放つ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月19日 > ウルヴァリンのパートナー・ユキオ初披露!トップモデル福島リラが存在感を放つ
メニュー

ウルヴァリンのパートナー・ユキオ初披露!トップモデル福島リラが存在感を放つ

2013年4月19日 13:00

ウルヴァリンのパートナーを演じるトップモデル福島リラ「ウルヴァリン:SAMURAI」 ウルヴァリンのパートナーを演じるトップモデル福島リラ
(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ヒュー・ジャックマン主演の人気シリーズ第2弾「ウルヴァリン:SAMURAI」でトップモデル・福島リラが演じる、ウルヴァリンのパートナー、ユキオの姿が初披露された。撮影が行われたと話題になった東京・芝の増上寺と思われる建物で、喪服をきたウルヴァリンとユキオが並んだ写真では、本作でハリウッドデビューを果たす福島が、人気キャラクターを10年以上演じてきたジャックマンに負けない鮮烈な存在感とインパクトを放っている。

このほど公開されたもう1枚の写真には、赤いロングヘアーで日本刀を腰にドゥカティの大型バイクにまたがるユキオの姿。メガホンをとったジェームズ・マンゴールド監督も「世界はきっと、ユキオに驚き、夢中になるだろう!」と太鼓判を押しており、新たなアイコンの誕生を予感させる。

2003年、米ニューヨークに渡り、ファッションモデルとして才能を開花させた福島は、女優業に興味を持ち11年に東京に戻った。本作への出演が決定した瞬間は、「とにかく驚きました。電話を受けた時、一人で街を歩いていたんですけど、思わず大声で叫んでしまったのを覚えています。何度も『本当に?!』と聞き返してしまいました(笑)」と振り返る。

演技はもちろんアクションも初めてだったが、「『やります。本番まで何日ありますか?』と、とにかく気合いで乗り切りました」と語る。日本の所作や殺陣などの指導をシンゲン役で出演する真田広之から直々に受け、ほぼノースタントで撮影に臨んだという。そして、「ウルヴァリンの格好良さ。アクションシーンはかなりの見どころですぞ!!! それに素晴らしい日本の景色、美しい共演の女性陣、そして私のユキオ(笑)に、どうぞご期待ください!」とコメントを寄せた。

現代の日本を舞台にした本作には、福島、真田のほか、トップモデルの岡本多緒(TAO)がウルヴァリンの“運命の女”マリコ役で出演。ウルヴァリンの爪と宿敵シルバー・サムライの刀が火花を散らすアクションや、不死身のウルヴァリンが初めて「限りある命」の恐怖に直面するドラマが展開される。

ウルヴァリン:SAMURAI」は、9月13日から全国で公開。

【FOX HERO COLLECTION】X-MEN コンプリート DVD-BOX<...[DVD] 【FOX HERO COLLECTION】X-MEN コンプリート DVD-BOX<...[DVD] 最安価格: ¥2,973 「X-MEN」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の5作品を収録。
リアル・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] リアル・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,418 スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のヒュー・ジャックマン主演で手掛けた、ロボットとの出会いを通じて親子のきずなを描く感動のストーリー。

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • わたしは生きていけるの評論 わたしは生きていける 思春期の少女が抱える不安を、戦争というモチーフに置き換えて語るサバイバルドラマ
  • 郊遊 ピクニックの評論 郊遊 ピクニック 観客に媚びず、忍耐を強いることで真実を伝える監督の最終作
  • 物語る私たちの評論 物語る私たち サラ・ポーリーとその家族が、自分たちの秘密を大胆なおおらかさで語る秀作
映画評論の一覧を見る
採用情報