HYDE、本人役で「バクマン。」声優に初挑戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月13日 > HYDE、本人役で「バクマン。」声優に初挑戦!
メニュー

HYDE、本人役で「バクマン。」声優に初挑戦!

2010年12月13日 18:40

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「バクマン。」

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「DEATH NOTE」コンビの作・大場つぐみ、画・小畑健による人気コミックをテレビアニメ化した「バクマン。」で、声優に初挑戦したロックユニット「VAMPS」のHYDEが12月13日、都内のスタジオでアフレコを行った。

同作は、週刊少年ジャンプで連載中の累計発行部数600万部を突破する人気コミックのテレビアニメ化。中学3年生の真城最高と高木秋人がコンビを組み、漫画家として成功していく姿を描く。

HYDEは、声優の森久保祥太郎演じるミュージシャンのKOOZY(コージィー)が歌う楽曲「GET UP Japanese Ver.」を提供するほか、プロデューサー役としてもアニメに登場する。そのキャラクターの声を自ら吹きこみ、「自然にやってと言われたけどできなかった。ふだん話している言葉でも緊張してかんでしまう」と苦戦した様子。一方で、「夢のある企画だと思った。現実の『VAMPS』の詩とアニメの世界観がごっちゃになる感じ。もともと『DEATH NOTE』も大好きだし、改めてジャンプ読んでみようかな」と乗り気だった。

森久保は、「歌にはHYDEさんの表現方法を取り入れたいと思ったけど、簡単にはできなくて必死だった。HYDEさんからはキャラクターの個性が出るようなアドリブが出て、『さすが!』と思った」と最敬礼。HYDEは「最初は声優さんが歌うと聞いて不安だったけど、できあがって『うめえじゃん!』って驚いた。プロデューサーとしてはつまらないけど(笑)」と笑わせた。

バクマン。」は、NHK教育テレビで放映中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi