“PTAが毛嫌いする”田村淳、最強の悪役に「気持ちよかった!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月30日 > “PTAが毛嫌いする”田村淳、最強の悪役に「気持ちよかった!」
メニュー

“PTAが毛嫌いする”田村淳、最強の悪役に「気持ちよかった!」

2009年11月30日 21:55

よく声をかけてくれました!「遊☆戯☆王」

よく声をかけてくれました!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメ「遊☆戯☆王」の10周年記念プロジェクト「10thアニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王/超融合!時空を越えた絆」に声優として出演する田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が11月30日、東京・江東区のユナイテッド・シネマ豊洲で会見した。田村は「遊☆戯☆王」全3シリーズの主役、武藤遊戯、遊城十代、不動遊星の3人に立ちはだかるシリーズ最強のナゾの男・パラドックス役を演じる。

今回の声優起用に、「ロンハー(レギュラー番組『ロンドンハーツ』)のドッキリかと思った」と振り返る田村は、「PTAに毛嫌いされている僕によく声をかけてきたなと。でも敵役なので、なるほどって」と納得した様子。アフレコも順調だったそうで、「見ているお子さんがちびっちゃうくらいの声を出してやろうと気合いを入れた。(役どころが)最強なので、気持ち良かったですね」と悪役を存分に楽しんだようだ。パラドックス役については、「悲しみを背負って戦っている点が共感できた。僕も世間から誤解されながら、カメラの前で戦っているので」と共通点を明かした。

イベント終盤では、「田村淳の双子の兄」という設定のhaderu(田村)がボーカルを務めるビジュアル系バンド「jealkb」が、主題歌「makemagic」を初披露。作詞も手がけたそうで、「2つの力が合わさって、ものすごいものが生み出される予感」とコラボレーションに興奮気味だった。

同作は、高橋和希原作の人気アニメシリーズの劇場版。2010年1月23日から、全国のワーナー・マイカル・シネマズ、TOHOシネマズ、T・ジョイ、ユナイテッド・シネマなど全国3Dシアター100館以上で上映予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi