“インドのオグシオ”は別名“踊る彫刻”!1人2役に挑戦したこの美女に注目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月29日 > “インドのオグシオ”は別名“踊る彫刻”!1人2役に挑戦したこの美女に注目
メニュー

“インドのオグシオ”は別名“踊る彫刻”!1人2役に挑戦したこの美女に注目

2009年5月29日 12:00

運動神経も容姿も抜群のディーピカー「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」

運動神経も容姿も抜群のディーピカー
(C)2008 Warner Bros. Pictures (India) Pvt. Ltd. and RSE Orion Films
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元バドミントン選手で、その美貌が注目を集めたというから、さしずめ“インドのオグシオ”とでも言うべきか。

5月30日公開のインド映画「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」でヒロインを演じたディーピカー・パードゥコーンは、元バドミントン選手の人気モデルで、歌もダンスも得意なことから“踊る彫刻”との異名も取る逸材だ。

86年生まれの23歳、父親がバドミントン選手で自身も同じ道を歩み活躍していたが、美しい容姿が注目され、スーパーモデルに転身。175センチの長身を生かして数々のファッションショーに出演し、インド人としては初めてメイベリン・ニューヨークの世界キャンペーンにも起用された。07年に女優デビューし、今回が映画出演2作目となる。

チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」は、インドの首都デリーで働く料理人シドゥが、中国の英雄の生まれ変わりだと勘違いされたことから、中国の村人たちを救うためギャングと戦う羽目になるアクションアドベンチャー。インド映画特有の歌と踊りに加え、カンフーアクションも盛り込んだ153分の娯楽大作だ。

本作で1人2役に挑戦したディーピカーは、純情な娘サキ役で歌と踊りを披露し、その双子で魔性の女ミャオミャオ役では華麗なアクションを展開。配給のワーナー・ブラザース映画によれば、試写を見たマスコミ関係者からその存在感が圧倒的と賞され、来日を望む声も多いという。

インドといえば、“ボリウッド(Bollywood)”と通称されるほど、映画産業が盛んな国として知られる。インドを舞台にした映画「スラムドッグ$ミリオネア」が今年のオスカーを制し、同作に出演していたインド人俳優たちは続々ハリウッドへ進出。ハリウッドは今、インドに熱い視線を送っている。本作はハリウッドメジャーのワーナー・ブラザースがインドで製作したローカルプロダクション作品でもあることから、ディーピカーのハリウッド進出もそう遠くはないかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi