「釣りバカ日誌19」初日。常盤貴子が「泣きたいくらいうれしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月27日 > 「釣りバカ日誌19」初日。常盤貴子が「泣きたいくらいうれしい」
メニュー

「釣りバカ日誌19」初日。常盤貴子が「泣きたいくらいうれしい」

2008年10月27日 12:00

ハマちゃん&スーさんは21回目の名コンビ「釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様」

ハマちゃん&スーさんは21回目の名コンビ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国民的人気シリーズの最新作「釣りバカ日誌19/ようこそ!鈴木建設御一行様」が初日を迎えた10月25日、東京・有楽町の丸の内プラゼールにて舞台挨拶が行われ、西田敏行三國連太郎の主演コンビに加え、浅田美代子常盤貴子山本太郎竹内力朝原雄三監督が登場した。

今回、舞台となるのは大分県佐伯市。鈴木建設の派遣社員・波子(常盤)の故郷である同地へ社員旅行に出かけたハマちゃん(西田)やスーさん(三國)が思わぬ騒動に巻き込まれる。

88年に開始したシリーズも、本作で21作目。西田は「毎年いろんなロケ地に行くと、皆さんに『待ってたよ』と声を掛けられ、愛されてる作品なんだとしみじみ感じます。役者冥利につきますね」と感慨深そうに挨拶。さらに「三國さんが元気なうちは続けたい。お酒など節制していただかないと」とシリーズのさらなる継続に意欲を見せた。

一方、三國は「若い頃、木下惠介さんら名匠たちから『同じことを2回やるな』と言われたのに、“釣りバカ”は数え切れないほどたくさんやった。約束を破ってしまったけど、ハマちゃんは最高の喜劇俳優。ずいぶん勉強させていただきました」と長年の相棒である西田に賛辞を送った。

今回のマドンナ役を務めた常盤は「素敵な先輩方と共演できて、泣きたいくらいうれしい。“釣りバカ”ファンの皆さんはとにかく明るくて、すごく朗らかに生きている感じがします。その輪が全国に広がって、日本中がもっと明るくなってほしい」とシリーズ初出演の喜びをかみしめた。

釣りバカ日誌19/ようこそ!鈴木建設御一行様」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi