鬼太郎が恋をする!「ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」撮影現場に潜入 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月5日 > 鬼太郎が恋をする!「ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」撮影現場に潜入
メニュー

鬼太郎が恋をする!「ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」撮影現場に潜入

2008年3月5日 12:00

鬼太郎も思春期真っ直中?「ゲゲゲの鬼太郎」

鬼太郎も思春期真っ直中?
(C)2008「ゲゲゲの鬼太郎」フィルムパートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年春に公開され好評を博した、ウエンツ瑛士主演の実写版「ゲゲゲの鬼太郎」第2弾のタイトルが、「ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」に決定。7月12日に公開されることが決まった。同作の撮影現場を直撃した。

謎の連続失踪事件を調査していた鬼太郎が、事件の背景に“1000年前に生まれた妖怪と人間の禁断の恋”が関係している事実をつかむ。一方、人間への復讐を誓うぬらりひょんたちは、最凶最悪の妖怪を甦らせようと画策。鬼太郎は妖怪と人間の狭間で苦悩しながら、日本滅亡の危機を阻止しようとする。また、その過程で鬼太郎自身の恋も描かれる。

撮影現場で公開されたのは、かつて人間と禁断の恋に落ちた妖怪・濡女(ぬれおんな)が封印された岩場のセット。プロデューサーの石津慶生氏曰く「いろんなアングルを切れる(撮影できる)」よう工夫された箱庭的セットで、光が差し込む幻想的な空間の中、武器の“和楽器”を奏でる異国の妖怪・夜叉の登場シーンの撮影が進められた。夜叉に扮しているのは、本作のため韓国からやってきたソ・ジソブ。「ごめん、愛してる」など現代劇への出演が多かった彼の“妖怪姿”は必見かもしれない。

この日の現場では、残念ながらウエンツほか主要キャストの撮影シーンは公開されなかったが、本木克英監督に話を聞くと、鬼太郎を演じるウエンツについて「ワイヤーアクションなど、ほぼスタントなしでこなしています。主役としての風格も出てきている」と太鼓判。「新しいアイテムを使った攻撃もありますよ」と、パワーアップしたアクションシーンへの手応えも感じているようだった。さらに、本作で鬼太郎と恋に落ちるヒロインを演じる北乃きいについては「とても魅力的な女優。鬼太郎ファミリーを見守る役として参加してもらいましたが、ファミリーを食うほどの存在感がありますね」と絶賛していた。

今回のテーマは“大人向けの鬼太郎”。鬼太郎が自分の生い立ちに悩む姿も描かれるようだが「ポップだった前作と違って、今回は水木しげる先生の初期のダークな世界観を出しつつ、ティム・バートンっぽい雰囲気に少しでも近づければ」と、本木監督は抱負を語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi