ドーナツをあしらったクリスマスツリーを披露「ザ・シンプソンズ MOVIE」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月30日 > ドーナツをあしらったクリスマスツリーを披露「ザ・シンプソンズ MOVIE」
メニュー

ドーナツをあしらったクリスマスツリーを披露「ザ・シンプソンズ MOVIE」

2007年11月30日 12:00

賑やかな日本語版シンプソン一家! (左から)田村淳、和田アキ子、所ジョージ「ザ・シンプソンズ MOVIE」

賑やかな日本語版シンプソン一家!
(左から)田村淳、和田アキ子、所ジョージ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカの国民的TVアニメを映画化した「ザ・シンプソンズ MOVIE」の日本公開を2週間後に控え、同作のジャパンプレミア&クリスマスパーティーが東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて催され、日本語吹替版声優を担当した所ジョージ和田アキ子田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が来場。会場となった劇場では、シンプソン一家の主ホーマーの大好物であるドーナツを約1000個もあしらったクリスマスツリーが披露された。

「ザ・シンプソンズ」は87年の初放映以来、ホーマー(父親)、マージ(母親)、バート(長男)、リサ(長女)のシンプソン一家をコミカルな視点で描いてきた長寿アニメ番組。ホーマーの声を担当した所は「この映画を見て、見応えがあったと思う方は余裕のある方。そして、(作品の出来について)疑問に思った方は、心の貧しい方ではないかと感じてます(笑)」といつものようにとぼけた挨拶。一方、マージの声を吹替えた和田は「オリジナルの声が高いので、私は低くどっしりした声にして、しっかりした母親を表現したつもりです」とコメント。そして、長男バート役を担当した淳は「34歳の大人なので、小学生の子供と友達になって話し方を勉強してからバート役に取り組んだ」と吹替作業を振り返った。

クリスマス前ということで、イベントでは所から淳にラジコン付きのスケードボードが、和田からは仕事の都合上出席できなかったリサ役のベッキーに「今年のクリスマスはいい人と過ごして欲しい」と、特大サイズの縁結び札がプレゼントされた。所がそのお札を見て「和田さんが発注すると、このサイズになるんですね」とお決まりのコメントを発し、会場は笑いに包まれた。

3人は本作について「数カ所、笑わずにはいられないシーンがある。特に意味も考えず楽しんで欲しい」(所)、「ビックリするくらいのブラックユーモアで、アメリカという国がどんなものか分かると思う」(和田)、「確実に泣けませんが(笑)、面白いです」とそれぞれにアピールした。

ザ・シンプソンズ MOVIE」は12月15日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi