イーストウッドがデイブ・ブルーベックのドキュメンタリー映画を製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月20日 > イーストウッドがデイブ・ブルーベックのドキュメンタリー映画を製作
メニュー

イーストウッドがデイブ・ブルーベックのドキュメンタリー映画を製作

2007年3月20日 12:00

筋金入りのジャズ・ファン「クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー」

筋金入りのジャズ・ファン
[拡大画像]

クリント・イーストウッドは骨の髄までジャズ狂だ。米ジャズ・タイムズ誌によると3月14日、イーストウッドが「テイク・ファイブ」などのヒットチューンで知られるジャズ界の伝説的ピアニスト、デイブ・ブルーベックのドキュメンタリー映画を製作総指揮すると発表した。タイトルは「Dave Brubeck─In His Own Sweet Way」。

監督は、「カウント・ベイシーと甦えるブルー・デヴィルズ/KCジャズの侍たち」(79)の監督を務めたブルース・リッカー。同じくイーストウッドが製作総指揮した「セロニアス・モンク/ストレート・ノー・チェイサー」(88)のプロデューサーであり、イーストウッドがカーネギーホールでピアノを演奏したTV番組「Eastwood After Hours: Live at Carnegie Hall」(97)や、彼の生涯をつづったTV映画「クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー」(00)の監督を務めている。今回のドキュメンタリーには、昨年のモンタレー・ジャズ・フェスティバルへの出演場面なども収められる予定。42年にパシフィック大学を卒業後、米西海岸で活躍し、“デイブ・ブルーベック・カルテット”として成功を収めた彼の実像に迫る。

イーストウッドは公式のプレスにこう述べている。「デイブ・ブルーベックはアメリカの神話だ。彼こそは絶えず極上の音楽を提供し続けた“オリジナル”なアメリカ人であり、まったく新しい世代にジャズの世界を広め、その音楽を国際的な言語にまでした人だ」

イーストウッド(製作総指揮)&リッカー(監督)のコンビは、現在、ジャズシンガー、トニー・ベネットについてのドキュメンタリー映画「Tony Bennett: The Music Never Ends」を製作中であり、こちらは08年全米公開の予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi