ブラピ&アンジェリーナ、アルカイダからの脅迫はニセモノ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月10日 > ブラピ&アンジェリーナ、アルカイダからの脅迫はニセモノ
メニュー

ブラピ&アンジェリーナ、アルカイダからの脅迫はニセモノ

2006年11月10日 12:00

脅しなんて卑怯よ

脅しなんて卑怯よ
[拡大画像]

先日、ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリーがアルカイダに脅迫されたとの報道が流れたが、これは別のイスラム原理主義グループによる、知名度アップを狙ったための脅迫であったことが明らかになった。2人は、02年にアルカイダによって殺害されたウォールストリート・ジャーナルの記者、ダニエル・パールを題材にした映画「A Mighty Heart」の撮影中だったこともあり、脅迫はアルカイダによるものと思われたが、実際は別のイスラム原理主義グループの仕業だった。このグループが2人を利用して、メディアの注目を集めようとした策略だったようだ。ブラピとアンジェリーナに近い人物によると、「FBIは、2人に『この脅迫は信用できない』と伝えていた」とのこと。今回の脅迫に備えて、ブラピはセキュリティを強化していた。「A Mighty Heart」で、アンジェリーナはパールの未亡人マリアンヌを演じており、ブラピの製作会社プランBが製作を手がけている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi