ジョージ・クルーニー、ソダーバーグと別れて新会社設立 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月21日 > ジョージ・クルーニー、ソダーバーグと別れて新会社設立
メニュー

ジョージ・クルーニー、ソダーバーグと別れて新会社設立

2006年7月21日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

壮年実業家「グッドナイト&グッドラック」

壮年実業家
[拡大画像]

ジョージ・クルーニーが、スティーブン・ソダーバーグ監督と設立した製作会社セクション・エイトを閉鎖することを決定した。セクション・エイトは2000年の設立以来、「オーシャンズ11」「同12」などの大ヒット作や、「エデンより彼方に」「インソムニア」「シリアナ」「グッドナイト&グッドラック」「スキャナー・ダークリー」など批評家受けの良い作品を生み出す一方で、「ウェルカム・トゥ・コリンウッド」「ジャケット」「迷い婚」など興行的にも批評的にもぱっとしない作品も少なからずあった。

クルーニーは、ソダーバーグ監督と「映画作りがビジネスと化してしまったら、会社を畳むという取り決めをしていた」と語っており、同製作会社でクリエイター主導の映画製作ができなくなったことが今回の原因のようだ。今後について、クルーニーは「映画作りを辞めるわけではないし、スティーブンと仕事をしないわけでもない」と語っており、早速「グッドナイト&グッドラック」のプロデューサー、グラント・ヘスロブと新会社スモーク・ハウスを立ち上げた。セクション・エイトのときと同様、スモーク・ハウスはワーナー映画を拠点に映画をプロデュースしていくことになる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi