「ハルク」続編の監督が決定。今度はフランス人に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月21日 > 「ハルク」続編の監督が決定。今度はフランス人に
メニュー

「ハルク」続編の監督が決定。今度はフランス人に

2006年7月21日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

ハルク」の続編、「The Incredible Hulk」の監督に、フランス人監督のルイ・レテリエ(「トランスポーター2」)が決定した。大のマーベル・コミック好きであるレテリエ監督は、マーベル側から「ハルク」のアイデアを求められると、映画案だけでなく、アクションシーンのストーリーボードを2つも提出したという。その熱意を見込まれ、レテリエ監督が続編のメガホンを任されることになった。シリアスすぎるとの批判があったアン・リー監督版「ハルク」とは違い、レテリエ監督はスピーディでユーモラスな「ハルク」を描くことになりそう。脚本は、「X-MEN/ファイナル・ディシジョン」のザック・ペンが執筆中だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi