バートン監督&デップ主演のミュージカル映画? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月17日 > バートン監督&デップ主演のミュージカル映画?
メニュー

バートン監督&デップ主演のミュージカル映画?

2006年1月17日 12:00

今度は殺人鬼?「スウィーニー・トッド(1997)」

今度は殺人鬼?
[拡大画像]

ティム・バートン監督とジョニー・デップが、スティーブン・ソンドハイムの人気ミュージカル「スウィーニー・トッド」の映画化で、6回目のタッグを組むかもしれない。実現すれば、デップはもちろん、主人公の理髪師スウィーニー・トッドを演じることになる。

バートン監督が本作の映画化を試みるのは、実は2度目。ワーナー・ブラザースによる前回の企画は数年前に空中分解し、その後「ジャーヘッド」のサム・メンデス監督と交渉が行われていた。

スウィーニー・トッド」とは、18世紀のロンドンに実在した殺人鬼のこと。ロンドンのフリート街で理髪店を経営するスウィーニーは、上流階級の客が来ると、首をカミソリで切り裂いて殺害。パイ屋のラベット夫人と共謀して、その死体の肉をミートパイにして売っていたという伝説の事件。ミュージカルは79年に初演され、当時のトニー賞でベスト・ミュージカルを含む8部門を受賞した。現在も、ブロードウェイで2度目のリバイバル公演が行われている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi